ALLPOWERSポータブル電源R600(ブラック)セット
ALLPOWERSポータブル電源R600(ブラック)セット
ALLPOWERSポータブル電源R600(ブラック)セット
ALLPOWERSポータブル電源R600(ブラック)セット
ALLPOWERSポータブル電源R600(ブラック)セット
ALLPOWERSポータブル電源R600(ブラック)セット
ALLPOWERSポータブル電源R600(ブラック)セット
ALLPOWERSポータブル電源R600(ブラック)セット

ALLPOWERSポータブル電源R600(ブラック)セット

¥36,800 円 通常価格 ¥47,799 円 セールスプライス
/
税込み。

オプション
  • 日本倉庫から1~2営業日以内に発送予定
  • 日本全国 送料無料
※30万円を超える決済にはコンビニ決済を利用できない
※10台以上ご発注する場合、business@allpowers.jpまでご連絡ください。
  1. 【コンパクトなのに強力】299Wh/600Wポータブル電源
  2. 【8台デバイスへ同時給電】AC出力ポートx2(定格出力600W、サージ1200W); USB-C出力ポート(最大100W)x2; USB-A出力ポート(最大18W)x2; シガーソケットx1(最大120W); ワイヤレス充電パッドx1(最大15W)
  3. 【UPS(無停電電源装置)搭載】瞬断時間最大10ms
  4. 【急速充電対応】AC充電は400Wまで、PV充電は220Wまで、最短1時間台フル充電
  5. 【完全日本仕様】100V出力、純正弦波・50Hz/60Hz切替可能
  6. 【アプリ操作可能】スマホで残量確認、製品コントロール可能

299Wh/600W ポータブル電源最大8台のデバイスへ同時充電可能

 ALLPOWERS R600はリン酸鉄リチウムイオン電池を搭載している299Whポータブル電源です。豊富な出力ポートが揃えるため、最大8台のガジェットへ充電できます。

出力ポート一覧:

  • AC出力ポートx2(定格出力600W、サージ1200W)
  • USB-C出力ポート(最大100W)x2
  • USB-A出力ポート(最大18W)x2
  • シガーソケットx1(最大120W)
  • ワイヤレス充電パッドx1(最大15W)

 スマホやアイパット、デジカメ、キャンプライトなどの充電はもちろん、サーキュレーター、電気毛布への給電も可能です。アウトドア・停電時の最低限度の電力を持つためなら、この1台は十分です。

家庭用UPS(無停電電源装置)搭載切り替え時間はなんと10ms

 ALLPOWERS R600ポータブル電源はUPS(無停電電源装置)機能を搭載していることで、停電対策の逸品とも言えます。UPS機能をオンにする場合、接続しているガジェットを停電してもバッテリー残量から給電しそのまま使用が可能です。
 
 R600に搭載しているUPSの瞬断がわずか10ms(0.01秒)となり、Wi-Fiルーターなど家庭用電気製品やガジェットを接続して、たとえ停電しても停電に気づかないほど早く切り替わります。

  • ご注意:UPS作動するにはAC充電ケーブルと接続する前に、必ずAC出力をオンにしてください。

※オンライン式の専用UPSではないので、精密機械や、重要なデータを扱う企業用システムには向いていません。

日本の電気製品に優しい100V出力純正弦波・50Hz/60Hz切替可能

 日本国内での電気供給は100Vの電圧ですので、国内の電器製品は殆ど100Vで動作することを前提として作られています。ポータブル電源R600のAC出力は純正弦波で100Vを出してるため、日本の電気製品への損傷がほぼございません。

 また、他の国と違って、日本では50Hzと60Hzの電気製品が存在しています。R600のAC出力は50Hz/60Hzにアプリから切替可能です。つまり、ALLPOWERS R600を日本のどこに連れでも、ご当地の電気製品が使えます。

<注意> AC出力がONの場合は切り替えができませんのでOFFにしてから切り替えをお願い致します。

    

液晶ディスプレイで残量がわかりやすいスマホがあれば、アプリで遠隔操作可能

 R600の本体に装置している液晶ディスプレイで、残量、充放電のワット数、今の放電状態で使えるおおよそな時間などわかりやすく表示しています。

 また、周波数、充電モード、ECOモード、UPS動作マーク、ファン作動マーク、過負荷警告マークなどの状態についても、液晶ディスプレイで一目瞭然です。

 ポータブル電源R600から離れても、Bluetoothでペアリングして、スマホでR600の状態確認と操作ができます。
※ご注意:本体のDCスイッチを長押しすると、Bluetoothのオン/オフの切り替えができます。

※ALLPOWERSアプリをインストールすることが必要です。

※電源スイッチのオンとオフについて、アプリで操作できません。必ず本体のスイッチを押してください。

 ※プライバシーを保護するため、クラウド機能を搭載していません。

些細なところまで重視するのでもっと快適なアウトドアライフを

 ALLPOWERS R600のデザインはポータブル電源初心者にも気軽に使えるため、いろんなところで工夫しました。

 例えば、全文で紹介した液晶ディスプレイやスマホコントロール以外、防水防塵、耐火耐熱、耐衝撃、収納…そして、懐中電灯やSOS点滅モードなども含めて、様々な視点を配慮してR600のデザインを考えました。

 また、ECOモードで出力が10W以下の場合、設定時間が経過すると、電源が自動的にOFFになります。

4つの充電方法で残量保証3つの充電モードで多様なニーズに対応

 ALLPOWERS R600はソーラーパネル充電、家庭用コンセント充電、発電機充電、カー充電を含め、4つの充電方法に対応します。

 特にソーラーパネルからの充電は220Wまで対応できますので、大出力の折畳式ソーラーパネルを持てば、R600の残量が心配なく使えます。

 また、R600の充電について、合計3つのモードがあります。

  • 急速モード(最大400Wまで、ファンの音は40dB以下)
  • 通常モード(最大300Wまで)
  • 静音モード(最大200Wまで)

リン酸鉄リチウムイオン電池搭載ライフサイクル数は驚きの3500回+

 ALLPOWERS R600はリチウムイオン電池の中もっとも安全で安定なリン酸鉄リチウムイオン電池を搭載しているので、耐熱性と安定性が優れてます。

 ALLPOWERS独自の技術によって、R600のライフサイクル数は3500以上となり、一日一回で考えると、9.5年ほど使えます。

 

ALLPOWERSのR4000ポータブル電源は高性能BMS搭載

BMS搭載で安全・安心に
ご使用できるポータブル電源

 BMS(バッテリーマネージメントシステム)とはバッテリーの安全を確保するための重要機能です。
 ALLPOWERS R600のBMSは家庭用蓄電池の開発チームより開発されましたので、一般のポータブル電源より性能が高まります。

 高温保護過電圧保護低電圧保護放電低温度保護過電流保護過負荷保護ショート保護充電過電圧保護などの適切管理によって、ユーザーの安全を守ります。

ALLPOWERS日本法人のアフターサービス

日本人スタッフと連携した
お客様ファーストのアフターサービス対応

 ALLPOWERS R600(蓄電池)は開発チームが最新の技術、今までのノウハウを取り入れて完成した、コンパクトかつ機能性に優れたアウトドア・防災に特化した新製品です。

 製品の品質面においては最高クラスの完成品ですが、万が一の故障および製品使用方法がわからない場合は日本人スタッフと連携しメール・電話で迅速に対応できるアフターサービスを設けております。

 ALLPOWERSチームは製品・サービスにおいてユーザー様に満足いただけるよう、誠意を込めてご対応させていただきます。

R600が選ばれる理由

型番

ALLPOWERS R600 ポータブル電源

サイズ&重量

285*195*190mm /5.6kg

定格容量

299Wh

定格出力

600W(瞬間最大出力1200W)

入力ポート
  • AC入力: 100V 最大400W
  • PV入力: 12~60V 12A, 最大220W
  • カー充電: 12V/24V対応
出力ポート
  • AC出力ポートx2(定格出力600W、サージ1200W)
  • USB-A出力ポート*2:5V 3A,9V 2A,12V 1.5A, 合計最大36W
  • USB-C出力ポート*2:5/9/12/15V 3A,20V 5A, 合計最大200W
  • シガーソケット*1:12V 10A 合計最大120W
  • ワイヤレス充電*1:最大15W
  • AC+DC 合計出力:最大700W
バッテリータイプ

リン酸鉄リチウムイオン(LiFePO4)

使用サイクル

バッテリーが80%に低下するまで3500サイクル以上

パススルー機能

搭載

UPS(無停電電源装置)機能

搭載(切り替え時間10ms以内)

Bluetooth&Wi-Fi

Bluetooth搭載

保管温度

-20℃-40℃(推奨:20~30℃)

稼働時間シミュレーターご利用予定の電子機器の商品電力を入力してください

W
型番

ALLPOWERS R600

電源容量

299Wh

予測稼働時間

ご注意:実際は変換効率等の問題があり、これは参考値になります。