r4000ポータブル電源仕様の右側側面図
r4000ポータブル電源仕様の正面図
r4000ポータブル電源仕様の側面図
r4000ポータブル電源仕様の正面図
ALLPOWERS R4000+ ポータブル電源(3456Wh/3600W)
ALLPOWERS R4000+ ポータブル電源(3456Wh/3600W)

ALLPOWERS R4000+ ポータブル電源(3456Wh/3600W)

3 レビュー
¥240,000 円 通常価格 ¥400,000 円 セールスプライス
/
税込み。
  • 日本倉庫から1~2営業日以内に発送予定
  • 日本全国 送料無料

※30万円を超える決済にはコンビニ決済を利用できない
※10台以上ご発注する場合、business@allpowers.jpまでご連絡ください。
  1. 「バージョンアップ」【3456Wh/3600W超高出力・12台同時に給電】 R4000+ 蓄電池は100V純正弦波(50/60Hz対応)ACコンセント*4口、USB-C(PD100W対応)*2口、USB-A(QC3.0対応)*4口、シガーソケット(最大120W)及びRV出力ポート、合計12個の出力ポートを搭載しており、3600Wまで発電機に匹敵する高出力を実現しています。ほとんどのデバイスや家電製品をこの1台の大容量バッテリーで動かすことができ、家族キャンプ、野外イベント、キャンピングカー、移動販売車などのアウトドアで活用できます。
  2. 【最速約1.2時間フル充電可能、5つの充電方法搭載】 ALLPOWERS R4000+ 大容量バッテリーは下記の5つの充電方法があります。①AC入力(AP-POWERS急速充電1500W、普通充電1000W、静音充電500Wにて設定可能)、②PV入力(MPPT追跡機能搭載、独立したポート*3つ、異なるブランドと異なる電圧のソーラーパネルを同時に充電でき、3ポート合計最大2000W)、③発電機、④カー充電(12V/24V対応)、⑤AC+PV入力(最大3000W)のいずれも入力可能で、最速約1.2時間で満充電できます。
  3. 【安全・長寿命を備え持つポータブル電源】 R4000+ ポータブル電源は安全面においては最高クラスのLiFePO4リン酸鉄リチウムイオン電池を採用し、サイクル回数が多く、熱安定性に優れています。充放電サイクル3,500回と一般的なポータブル電源に比べて約 6 倍の長寿命を実現しました。また、最先端BMSバッテリー管理システムと9つの保護回路を搭載、安全性が十分に考慮されいます。毎日使用しても(一日に一回の0から100%充電での使用目安)、充電容量が80%に減少するのに3,500日(8.2年)かかる計算になり、いかに長寿命かがわかります。
  4. 【UPS機能付き・家庭防災も会社停電対策も完璧】 R4000+ ポータブル電源はUPS(無停電電源装置)付きで、UPS機能をオンにした状態であれば、急な停電時にも、僅か15ms内、蓄電池からの給電に自動的に切り替り、各機器にシームレスに急電ができます。WI-FIルーター、DVDレコーダー、パソコン、エアコン、冷蔵庫など家庭用電気製品への給電を継続ことができます。※精密機械や、重要なデータを扱う企業用システムには向いていません。
  5. 【タッチパネル・アプリ操作可能】 R4000+ 大容量蓄電池の液晶表示画面は、簡単な操作のためにタッチ式に設計されています。スマホ(Andriod&iOS対応)によりALLPOWERSアプリで容量確認、動作確認、入力モードの設定、周波数の切替など遠隔操作が可能です。どちらの操作画面も分かりやすく、初心者でも機械に苦手な方でも簡単に操作できます。
  6. 【スリムで収納しやすい可搬型大容量蓄電池】 R4000+ ポータブル電源はスリムで丈夫な設計になっており、家庭内でも車中泊でも収納しやすく、上で45㎏までの荷物を乗せることもできます。またキャスター付きで、スーツケースのように、片手で簡単に持ち運ぶことが可能です。
  7. 【エコモードを搭載・長期間保管に安心】 R4000+ 家庭用蓄電池は独自のエコモードを搭載し、AC出力が10W以下であれば、時間設定(1/2/4/6時間)の通りの設定でシステムが自動的に電源をオフにできます。また保管する際に、本体の背部にある電源遮断器をオフにすれば、自己放電量をできる限り抑えることが可能です。長期間保管してもバッテリー残量を普通のポータブル電源より多く保ちます。
  8. 【5年間保証&日本国内修理可能】 ALLPOWERS ポータブル電源 R4000+は5年間保証です。製品の品質面には万全を期していますが、万が一の故障および製品使用方法がわからない場合は日本人スタッフがメール・電話で迅速に対応できるアフターサービスを設けております。ALLPOWERSチームは製品・サービスにおいてユーザー様に満足いただけるよう、誠意を込めてご対応させていただきます。

多様な出力ポートで12台のデバイスへ同時給電可能

 ALLPOWERS R4000+ポータブル電源は、3456Whのリン酸鉄リチウムイオンバッテリーを搭載しています。

 AC出力ポート× 4個
 USB-C(最大100Wまで)出力ポート× 2個
 USB-A(最大18Wまで)出力ポート× 2個
 USB-A(最大12Wまで)出力ポート× 2個
 シガーソケット(最大120Wまで)出力ポート× 1個
 RV出力ポート× 1個

 合計12個の出力ポートを搭載しており、家族キャンプ、野外イベント、車中泊、移動販売車などのアウトドアで使われるほとんどの家電製品にも対応し、様々なデバイスをすべてこの1台の大容量バッテリーで動かすことが可能になります。

最速約1.2時間フル充電可能、5つの充電方法搭載

ALLPOWERS R4000+ 大容量バッテリーは下記の5つの充電方法があります。

①AC入力(AP-POWERS急速充電1500W、普通充電1000W、静音充電500Wにて設定可能)
②PV入力(MPPT追跡機能搭載、独立したポート*3つ、異なるブランドと異なる電圧のソーラーパネルが同時に充電でき、3ポート合計最大2000W)
③AC+PV入力(最大3000W)のいずれも入力可能で、最速約1.2時間で満充電できます。
④カー充電(12V/24V対応)
⑤発電機

UPS(家庭用無停電電源装置)付き家庭防災も、会社防災も完璧

 ALLPOWERS R4000+ポータブル電源はUPS(無停電電源装置)付きです。UPS機能をONにすると、たとえ急に停電しても、繋がっている電気製品が止まることがなく、そのまま使えます。
 R4000+のUPSは切り替え時に瞬断を伴いますが、切り替え時間が長い場合はわずか15msです。
 短いとはいえ、瞬断があるため、精密機械や、重要なデータを扱う企業用システムには向いていませんが、Wi-Fiルーターなど家庭用電気製品を接続して、たとえ停電しても支障がない生活が確保できます。

ALLPOWERSのR4000ポータブル電源の波形は純正弦波

家電製品を全く痛めない優しいポータブル電源 50Hz/60Hz切り替え、100V純正弦波

 ALLPOWERS R4000+ポータブル電源のAC出力は家庭用コンセントと同じく純正弦波で、100Vです。「擬正弦波」や「矩形波」と違い、電気製品にやさしいです。
 また、東日本、西日本の家電環境に合わせて、周波数を50Hz/60Hzで切り替えすることが可能です。
 ALLPOWERS R4000+は日本電気製品向けのポータブル電源ですので、日本仕様の家電であれば安心して使用できます。
 ※家電に給電する前に、必ず家電の周波数をご確認ください。50Hzと60Hzの家電を同時に使用することはおすすめしません。

本体のタッチパネルで操作可能アプリで操作可能(Bluetooth/Wifi)

 お客様の習慣に合わせて、いくつの操作方法でALLPOWERS R4000+をコントロールすることが可能です。
 本体のボタンタッチパネルで操作することはもちろん、スマホがあれば専用アプリでポータブル電源R4000+の容量確認、動作確認、そしてコントロールすることも可能です。
 どちらの操作画面もわかりやすくて、簡単に操作できますので、機械に苦手な方でも気軽に操作できます。
 ※アプリ操作に関して、只今AndroidデバイスとiOSデバイスにしか対応しておりません。ご了承くださいますようよろしくお願い申し上げます。

 ※プライバシーを保護するため、クラウド機能を搭載していません。

キャスター付きで移動するのが簡単!スリムなデザインで車中泊にも最適!

 ALLPOWERS R4000+はリン酸鉄リチウムイオン電池を搭載する大容量蓄電池ですから、移動するには難しいではないかというご不安があるかもしれませんが、それについてはご安心ください。
 ポータブル電源R4000+は旅行ケースのように丈夫なキャスター付きですので、45kgとはいえ、女性でも簡単に移動できます。
 ALLPOWERS R4000+は家庭用可搬型蓄電池の役割にもふさわしいですが、実際、キャンプや車中泊にもお役に立てます。
 スリムな形で、収納しやすく、丈夫なデザインで、上に45KGまでの荷物を載せることができます。

安全な仕組み・安心なアフターサービス

リン酸鉄リチウムイオン電池搭載ライフサイクル数は6500回以上

 リン酸鉄リチウムイオン電池は600℃まで熱分解が起こらない優れるバッテリーですので、安全面については最高クラスでございます。
 エネルギー密度が低いため、三元系リチウムイオン電池より重いですが、ライフサイクル数は優れております。
 独自の技術より、ALLPOWERS R4000+可搬型蓄電池のライフサイクル数は6500以上となります。毎日使用しても約17年以上使えます。

ALLPOWERSのR4000ポータブル電源は高性能BMS搭載

家庭用蓄電池に使う高性能BMS搭載

 BMS(バッテリーマネージメントシステム)とはバッテリーの安全を確保するための一番大事なものです。
 ALLPOWERS R4000+は一般のポータブル電源より高性能のBMSを使い、高温保護過電圧保護低電圧保護放電低温度保護過電流保護過負荷保護ショート保護充電過電圧保護などの管理を適切に処理し、ユーザーの安全を守ります。

ALLPOWERS日本法人のアフターサービス

日本人スタッフがリードするお客様ファーストのアフターサービス対応

 ALLPOWERS R4000+(蓄電池)は開発チームが最新の技術、今までのノウハウを取り入れて完成したハイクオリティの家庭用可搬型蓄電池タイプです。
 製品の品質面においては最高クラスの完成品ですが、万が一の故障および製品使用方法がわからない場合は日本人スタッフがメール・電話で迅速に対応できるアフターサービスを設けております。
 ALLPOWERSチームは製品・サービスにおいてユーザー様に満足いただけるよう、誠意を込めてご対応させていただきます。

ALLPOWERS R4000+を選ぶ理由

あらゆるシーンで使える、現代生活に不可欠なツール 

3456Wh/3600Wの可搬型蓄電池を持てば、私的には家庭防災や車中泊、家族キャンプ、DIYなどに使えます。公的には、オフィス停電対策、野外イベント、移動販売車など使えます。ALLPOWERS R4000+は大きすぎてもない、重すぎでもない、物足りないでもない、あらゆるシーンで使える家庭用蓄電池です。

無料配送
製品保証
タイムリーな対応

稼働時間シミュレーターご利用予定の電子機器の商品電力を入力してください

W
型番

ALLPOWERS R4000

電源容量

3456Wh

予測稼働時間

ご注意:実際は変換効率等の問題があり、これは参考値になります。

型番

ALLPOWERS R4000+ ポータブル電源

サイズ&重量

540*490*300mm /45kg

定格容量

3456Wh

定格出力

3600W(瞬間最大出力6000W)

入力ポート

AC入力:100V15A、50Hz/60Hz 最大1500W(急速充電モード)
ソーラー入力x3:(12~60)V 13A, ポート最大650W、3ポート合計最大2000W
AC入力+ソーラー入力:最大3000W

出力ポート

AC出力*4:100V 定格 3600W(瞬間最大6000W )50Hz/60Hz切替 純正弦波

USB-A出力*2:5V 2.4A,ポート最大12W

USB-A QC急速出力*2:5V 3A,9V 2A,12V 1.5A, ポート最大18W

USB-C出力*2: 5/9/12/15V 3A, 20V 5A, ポート最大100W

シガーソケット出力:最大功率120W 12V/10A

RV口出力:100V-120V 30A MAX

バッテリータイプ

リン酸鉄リチウムイオン(LiFePO4)

使用サイクル

バッテリーが80%に低下するまで3500サイクル以上

パススルー機能

搭載

UPS機能

搭載(UPS切り替え時間15ms以内)

Bluetooth&Wi-Fi機能

搭載

保管温度

-20℃~40℃(推奨:20~30℃)

この製品についてよくあるご質問

A:本機には高品質のリン酸鉄リチウムイオンバッテリーが使用されています。

A:本機のAC出力ボートの定格出力は3600W、サージ出力は6000Wであるため、ほとんどの家庭用電気製品への電力供給に対応しています。ただしご使用になる前に、電気製品の消費電力を確認したうえで、すべての接続デバイスの消費電力が定格電力以下であることをご確認いただくことを推奨しています。

A:電気製品を使用中、本機のディスプレイには電力供給可能な時間が表示されています。消費電力が大きく変動しない電気製品であれば、この表示時間を参考にできます。

A:充電状態の場合、ディスプレイにはフル充電に所要時間が表示され、バッテリー残量表示ロゴの周りのインジケータが時計回りに回転し、入力電力も表示されてます。

A:乾いた柔らかい布などで拭き掃除を行ってください。

A:製品保管時は、本機の電源がオフになっていることを確認したうえで、乾燥した風通しのよい場所で保管し、高温多湿な場所で保管しないようにしてください。また長期間使用しない場合は、バッテリ一の使用寿命の低下を防ぐために、3ヶ月に1回の頻度でバッテリー残量を30%まで放電してから、再び60%まで充電することを推奨しています。

A:本機はパススルー機能に対応していますので、充電しながら本機を使用しても問題ないです。

A:取扱説明書に記載されている容量は、内蔵バッテリーの定格容量です。本機は充電および放電プロセス中に一定の効率損失があるため、実際の出力容量は、表記容量より低くなる可能性があります。